側頸嚢胞に当選した人の日記

20代半ばで発症率1/10万といわれる側頸嚢胞(そくけいのうほう)を患い、治療するまでの記録。医療従事者ではなく患者としての記録です。

<診断>側頸嚢胞ってなんやねん

 側頸嚢胞ってなんやねん

俺的理解。

そ、側頸嚢胞?

側頸嚢胞(そくけいのうほう)とは、首の側面に袋状のものができ、そこに液体(血、膿などいろいろ)が溜まっていき首が膨らむ病気のことで、 鏡で自分の首を見るとピンポン玉以上、テニスボール以下のコブができているのが明らかにわかる。 まさに、こぶとりじいさん

なぜこうなった・・・・

それは、お母さんのお腹(胎児時代)にて、まだ人の形すらしていない頃。

今後首になる部分にを繋いでいる袋(鰓裂[さいれつ]っていうらしい)があり、これは生まれるときには退化して消滅する・・・はずだったのだが、 どうやら消滅せずに残ってしまい、生まれてしまった。

そして、20数年が経ったきょうび、何らかの原因で袋に液体が溜まっていき膨らんでしまったのであった。

ちなみに、遺伝は関係ないと言われている(医者もそうおっしゃってた)

なぜ退化しなかったのか

不明点も多いが、先天的なものなので遺伝は関係なく誰にでもおき得るらしく、あとお医者さんによると膨らみ始めるのは20〜30代が多いらしい。 たしかに、検索してみたらわかるが、確かに若い人が多いように見える。

なぜ膨らんだ

SHI RA N !!

(原因はわかってないことが多いが、外傷による内出血、ストレス、とかいろいろ可能性はあるのだ)

ちなみに、袋が退化せずに残ったとしても死ぬまで膨らまない人も多いんだとか。

発症率

あまり知名度の高くない病気のため、医者に聞くまで知らなかった人が大半ではなかろうか。私は知らなかった。 この病気になる確率は 1/100000(10万分の1) (※1)らしく、これはジャンボ宝くじの組違い賞と同等であるらしい。

このブログの目的

このブログを執筆した動機として、病名を申告されたときはかなり動揺していたが、同じ病状の人の体験日記的なブログをみていると安心した。 なので、自分も記していくつもりだ。将来の 1/100,000 の当選者のために入院・手術・手術後の記録をここに記そうと思う。

手術経験

エンジニアという仕事上、一日中座っているためか、恥ずかしながら痔で入院したことがある。 偶然、ポリープが見つかったので手術し、ついでに痔も直してもらった。 ただ、この時は半身麻酔で入院も1週間程度だった。

それが最初で最後の入院・手術経験だ。

病名判明まで

下記記事に書いたように、MRIを受けた。このときはまだ病名不明の状態。 noontage.hateblo.jp

病名判断までは以下の経緯だった。

症状

右の首あたりがぷっくりふくれあがる。ピンポン玉より大きくテニスボールより一回り小さいくらい。 写真で取ったら明らかに顔の輪郭がおかしいのがわかる。

痛みはないが、筋肉が引っ張られるので慢性的な頭痛や弱い吐き気はある。 (炎症するともっと痛いらしい)

時系列

  • 4/2 入浴中に鏡にうつる自分の首に違和感を感じる。
  • 4/3 異常に膨らんだ首をみた同僚が早退を勧め、早退し耳鼻科を受診。原因不明だが、感染症を疑われ抗生物質を飲む
  • 4/10 首の膨らみはなおらず、大きな病院で画像検査を進められ紹介状を書いてもらう。
  • 4/17 検査。採血、触診される。唾液腺腫瘍か可能性は低いが悪性リンパ腫かもしれないのでMRIを受けるよう言われる。
  • 4/19 MRI診察
  • 4/26 検査結果。側頸嚢胞と診断される。

余談だが、診断されるまで症状とネットの情報から悪性リンパ腫だと思いこんでいたため少しホッとした。

診断

MRIの画像をみせられた。 始めてみたMRI画像に感動し、「脳がちょっとしか写ってないですね!だから俺はアホやったんですね!」と言おうとしたが 先生の真面目な顔をみて言えなかった・・・。 MRIの画像では白い風船のような球状のものが首の中にあった。液体のはいった嚢胞らしい。

治療方法

完治するには手術による摘出手術しかないようだ。 Google先生に聞いたところによると、保存療法や内視鏡(※2)と言うものもあるそうだが一般的ではなさそう。

なお、摘出手術は全身麻酔になるようだ。この時点で少しビビる。

診断までの費用

はじめに耳鼻科に行かず内科に行ってたので、少し余分にかかっている。引っ越したばかりというのも合っていずれも初診料込。

・内科: 約1,000円 ・耳鼻科(初回) 約5,000円 ・耳鼻科(2回め) 約2,000円 ・総合病院 約5,000円 ・総合病院MRI検査 約9,800円 ・総合病院 検診結果 約3,000円

合計:25,800円 計算してみるとそれなりにかかっている・・・。

その後

執筆時点ではまだ手術日は決めていない。特に急ぐ必要もないが悪性になる場合があるそうなのでゆっくりもしてられないようだ。

やれやれ。


※1 日本形成外科学会 > 会員の方へ > 形成外科で扱う疾患 > その他の先天異常 > 側頸嚢胞

※2 http://sokukeinouhou.blog.fc2.com/blog-date-201109.html