側頸嚢胞に当選した人の日記

20代半ばで発症率1/10万といわれる側頸嚢胞(そくけいのうほう)を患い、治療するまでの記録。医療従事者ではなく患者としての記録です。

<入院後10日目>退院

8日目ー9日目 8日目〜9日目はなにもなかった。 痛みもなく、特別な検査もない。 傷口のテープ張替えくらいかな。 10日目 退院へ シャワーを浴びても良い 傷口テープは風呂毎に変えなくて良い、剥がれて着れば貼ればよい 約半年続けることが望ましい と注…

<入院7日目>腫れはまだ残る

ドレーンが取れたので寝返りが打てるようになる 痛みは殆ど無いが鏡を見ると顔がまだ腫れていることがわかる。 これも時間が立つと治るそうだ。

<入院5日ー6日目>土日。暇です。

昨日更新をサボってたので2日分書く。 5日目 痛みはまったくない。 風呂にはいることもできないので、お絞りで体を拭く。 背中だけ看護師さんに拭いてもらう。 特筆すべきようなイベントはなく、朝の検診だけである。 トイレも点滴を引き釣りながらではある…

<入院4日目>ドレーングロいです・・・

ドレーンから・・・ ドレーンとよばれる管が首から生えている。血とか膿みを外に出すものらしい。 たまに血がドバドバ流れる。大丈夫?貧血で死なない?と言う不安になるが、つけてなくてもどのみち排出されるものらしい。 この光景が多分この入院生活で一番…

<入院3日目>手術当日

ストーリー 〜手術まで 前日の晩、あまり寝れなかった。 別に緊張しているつもりはなかったのだが、やはり心のどこか心配しているのだろう。 当日朝一番の手術だった。 朝、エコノミー症候群対策ようのきっつい靴下をはいて、自分の足で手術室前まで歩いてい…

<入院1日目-入院2日目>

かんたんな検査のみ 1日目 いろいろあって、1ヶ月位入院が遅れたが昨日から入院生活。 入院当日は肺活量検査、触診など簡単な検査のみだったので、特に構える必要はなさそう。 手術説明は二日目(手術前日)に行うらしい。 院内の無線AP(Cisco エアロネット…

<入院前症状>

頭痛が辛い 依然、約2ヶ月待ちというなかなかつらい状況になっており、まだ入院ができないのだが神経が圧迫されるせいか頭痛がひどかった。 過去形なのは、ここ1週間とても調子が良く、どうやら波があるようだ。 頭痛になったときは対症療法しかできないと…

<入院前検査2>穿刺結果と追加穿刺

悪性細胞はなし 穿刺の結果、悪性腫瘍になりうる細胞はなかったときいた。 一安心である。この期間が非常に長く感じた。 追加で穿刺 前回より一回り膨らみが大きくなり、頭痛、吐き気がひどいので穿刺して頸膿疱内の液体を抜くことになった。 今回の穿刺もチ…

<入院検査1>穿刺検査

がんの可能性 0.1%・・・ほぼないと思う・・・ とのことで、それほど心配はしていないが、万が一に備えて 穿刺 (針を指して組織を抜く)することになった。 他の 悪いがん細胞が首に転移して膨らむこともある ので念のため調べるとのこと。MRIの画像的に側…

<痛み>神経圧迫による頭痛

頭痛がつらい Googleで検索してもあまり症状が出てこないが(というか、側頸嚢胞事態の情報があまりないが)、膨らみが大きくなってから後頭部の頭痛がする。 ど素人なりに推測してみると、MRIの画像を見たときに筋肉が嚢胞に圧迫され非常に細くなっていた。…

<診断>側頸嚢胞ってなんやねん

側頸嚢胞とは 発覚~入院~手術~退院までの日記とその間にお医者様から聞いたことをまとめます。 ※このサイトは私個人の患者の記録です。医師の監修がある訳ではないので参考程度としてください。 どうなるん?(症状) 首の側面に袋状のものができ鏡で自分…